英語を話せるようにするためのレッスン

英語を話せるようにするには、そのためのレッスンが必要

日本の学校英語教育で英語が話せるようにならないのは、「話すための訓練をしていなから」の一言につきます。

初めてカラオケで歌った時に、まったく音程が合わなかったという経験はありませんか。 それまで何十回と聞いた歌であるにもかかわらずです。

新聞に書いていることは、政治などの一部の難しいものは例外としても、社会人であればほとんどは内容が理解できるでしょう。しかし、同じように書けといわれても無理な話です。書ける人は、書くための訓練をし、経験を積んでいるのです。

中学高校と6年間英語を学んで、ある程度読んだり聞いたりすることができても、話すことができないのも同じことで、英語で話す訓練をしないことには、話せるようになりません。

英語を話すことと聞いたり読んだりすることは、異なる技術を必要とするのです。 簡単に読める英文でも、逆に日本語から英語にするとなると、そう簡単にはできないものです。

当英会話レッスンでは、話すことに重点を置いてレッスンを進めます。 例えば、
「私はAをBしてもらいました」は日常でよく使う表現です。

英語では
I got A+B(過去分詞)

例えば
私は私の車を洗ってもらった。
I got my car washed.

パソコンを修理してもらった。
I got my computer fixed.

車を傷つけられた。
I got my car damaged.

このように次から次へと日本語から英語にする練習を行うことで、このパターンの表現が自然と身についてゆきます。
講師の私がレッスン後にレッスン内容をメールするので、生徒さんはメモをとる必要がなく、話すことに集中できるわけです。