単語を忘れなくする方法

英語学習はレベルが上がるに従い、単語を忘れにくくなるのはなぜか?

英語初級者と上級者では、同じ1時間の学習でも触れる英語の量に大きさ差があります。
初級レベルの内は、分からない単語も多く、英語を読むよりも辞書を引いている時間のほうが圧倒的に多くなります。

 上級者はその間に、どんどん先を読んでゆき大量の英語に触れることになります。 つまり大量の英語に触れることができるということは、その中には知っている単語の方が多く、忘れる暇がなくなるということです。

それに対して初級レベルのうちは、新しく覚える単語のほうが圧倒的の多いために、中々復習に割く時間が限られてしまい、少しでも復習を怠ってしまうと、どんどん覚えた単語を忘れてしまいます。

覚えた単語を忘れなくする方法

<同じテーマや関連した記事を読む>
辞書を引く回数を減らすにはテーマを絞って読むことをお勧めします。
社会人の人であれば自分の仕事に関連したこと、または趣味や好きな分野の記事を読むのがよいでしょう。
その理由は、同じ単語に触れる機会が増え、それらが記憶に残りやすくなるからです。 そうすると、はじめの内は読む速度が遅くても、慣れるに従い速くなり、英語に触れる量が徐々に増えてゆきます。

同時に関連した情報を得られることで、英語で発信(書く、話す)するうえで役立ちます。ひとつのテーマについて会話が出来るようになってから、次のテーマに取り組むことで、着実に話の引き出しが増えます。

<英語は質と量>
英語学習の質を高め、量を増やすことで相乗効果が得られます。質とは文法です。
一つ一つの文を理解できる能力を高めながら、たくさん読んだり話したりすることが理想です。

初級者レベルでは、個々の単語は調べてすべて分かるのに、文章全体の意味が分からないということがあります。
それは文法を理解していないからに原因があります。そのような場合、そばに教えてくれる人がいることが、その学習者にとっては大きな支えとなります。

当オンライン英会話レッスンでは、そのような生徒様方の力になるサポートを行っております。