小学生から英語通訳の練習

小学生から英語通訳の練習

小学生でも英語通訳の練習。 小学生向けの英会話学習といえばスペルから覚え、英語の歌を歌ったり挨拶の練習から入るのが一般的な学習です。

当英会話レッスンを受講しいる小学生の生徒さんに、次のような英語通訳の練習をしてもらっています。 「僕は2週間前に両親と一緒に東京ディズニーランドへ行ってきました」
I went to Tokyo Disney Land with my parents two week ago.

上記文は生徒さんの体験をもとに私が作成した文です。 生徒さんが使える英語表現から身につけてゆきます。。

そして、レッスンの中では私が日本語で言ったら、小学生の生徒さんが英語で言います。 逆に私が英語で言ったら日本語で言うといった、いわゆる通訳の練習をするわけです。

この表現は、この小学生の生徒さんが受講を始めてから約4か月目に学習したセンテンスです。 それまでの間に、「僕は〜した」→「僕は..と一緒に〜した」→「僕は-(いつ)..と一緒に〜した」の表現を順に覚えてゆきました。

このようなプロセスを順に経てゆくことで、上記のような長いセンテンスも英語で言えるようになってゆきます。 当レッスンでは小学生だからシンプルな教材を使うといった発想はありません。まずは生徒さんにとって必要であり、かつ日常生活で使える表現から覚えてゆくという、我々が赤ちゃんの時に母国語を身につけたプロセスと同じ方法で学習を行ってゆきます。